ソーシャルメディアポリシー

1)基本ポリシー

植垣米菓(以下、「私たち」という。)は明治40年の創業以来、「本物の材料を使い、まごころで焼く」をモットーに、日々研鑽、努力し、製品や商品ではなく“作品”を制作するつもりで、「有機米菓」を作ってきました。そして、この作品を通じて「個人の安全・安心だけではなく、子々孫々の健康と地球の未来に配慮する」という私たちの考え方に共感していただける、多くのお客様との輪を作っていきたいと願っています。

そこで私たちは、ソーシャルメディアをお客様との大切なコミュニケーションの場と捉え、広くコミュニケーションを図ることにより、この願いの実現に向け、一歩ずつ進んでいきたいと考えています。


2)ソーシャルメディア利用の目的

私たちは、「世界へ感動を発信する」という理念の下、ウェブサイト等の従来のコンテンツに加え、ソーシャルメディアを通じてお客様へ情報を発信し、お客様と交流することで、私たちのことをより深くご理解いただき、共感いただける多くのお客様との輪を作っていくことを目指します。

具体的には、以下の4つを目的とします。

  • 私たちの作品に対するご意見・ご感想を伺い、作品づくりに何が望まれているかを深く理解すること。
  • 私たちの作品をより多くのお客様に知っていただくこと。
  • 私たちの作品づくりにかける職人・社員全員の想いを、より多くのお客様に知っていただくこと。
  • お客様との交流を通じて、お客様の満足度や私たちへの信頼、私たちのブランド価値を高めること。

3)メディア特性の理解

私たちは、ソーシャルメディアが日本のみならず世界中の方々とのコミュニケーションを活性化するというメリットがあるとともに、ソーシャルメディア上で発信した情報は、不特定多数のお客様がアクセスできること、一度発信した情報は完全には削除できないことを理解した上で利用します。


4)ソーシャルメディア利用にあたっての心構え

私たちは、メディア特性を十分に理解した上で、良識ある者として節度ある態度で利用します。

  • 所属する組織や雇用の形態に関わらず、法令を遵守し、公序良俗に従うこと、また就業規則をはじめとする社内規程を遵守します。
  • 傾聴の姿勢を忘れず、交流しているお客様に作品で感動いただけるよう、積極的な情報提供を行います。
  • お客様の個人情報及び機密情報は、細心の注意をもって取扱い、許可なく公開しません。
  • 情報発信においては、常に正しい情報を投稿することを心がけます。万が一、誤った情報を発信したり、誤解を与える表現を行った場合は、速やかにお詫びと訂正を行います。
  • 第三者が開設・運営する各ソーシャルメディアの規定を遵守し、各ソーシャルメディアの文化・マナーを尊重します。
  • 第三者の知的財産権、プライバシー権などの権利を侵害しないように配慮します。

5)ソーシャルメディアをご利用の皆さまへ

ソーシャルメディアにおける私たちからの情報発信のすべてが、会社としての公式発表・見解を必ずしも表しているものではありませんことを、予めご了承ください。

公式な発表に関しては、ウェブサイト及びプレスリリースなどで情報発信しておりますので、そちらをご参照ください。